自炊攻略法1「焼肉」
最近TVを見ると自炊はもうほとんど料理になっている。
料理と自炊は厳密には違うっていうのが私の考えだ。
もっと自炊はビジネスにとらえないと・・・。

いやだっておかしいでしょ、家庭の料理番組で
「このスーパーで普通に売っているお肉を使って」って
黒毛和牛がでてきてるもんな。
黒毛和牛、スーパーで普通の所にはおいてないでしょ。
「プロの技が簡単にできますから」ってグッチ裕三が
調味料3~5種類も混ぜたりしてるけど、普通の家は
醤油と砂糖ぐらいしかないからね~。
そういった意味でまさきさんとかがやっているのも
料理のうで自慢であって、ちょっと私の考える自炊とは
違うんだよな~。
私の考える自炊はもっと使えるもので、コストを
どこまで抑さえられるかが焦点だね。

さて本題の焼肉ですが、
材料は謀番組みたいにスーパーで普通に売ってる
黒毛和牛じゃなくてOKです。
安い100均で売っているオージービーフでOKです。
あと料理の腕をあげたい人はこの記事は使えませんので、
最初から読むのはやめたほうがいいです。

フライパンを温めて500円玉面積の油をひきます。
(ここで度胸がなくて油をひきすぎると女の人が
大好きなしつこい味になります)
肉にあらびき胡椒をまぶします。
それを広げて焼きます。
焼きあがったら、火を止めてすぐ焼肉のたれをかけます。
(筆者はジューシーなのが好きなので、
焼肉のたれは100均野を使います、 叙々苑のだと
コストがかかりすぎます)
これで出来上がりです、正味10分ぐらいです。

大体トータルコストは肉2パックとご飯だけなので、
230円ぐらいでしょうか。
洗いものがめんどくさい人は、フライパンに入ったまま
おかずは食べて、ご飯のお茶碗は100均一のボール紙皿が
お勧めです。
自炊というと料理の腕がかなり問われるような気がしますが、
これは焼くだけです。
焼くだけで松○で食べる焼肉定食の半分以下のコストに
抑えられます。
申し訳ないですが、調味料として焼肉のたれとあら引き胡椒は
今後も使っていくので前もって用意しておいてください。


材料:焼肉のたれ、あら引き胡椒、肉2パック、ご飯、油。

次回は野菜炒めを。

神戸牛専門店より発送いたします神戸牛 贈答用 肩バラスライス 700g


テーマ:快適な生活のために
ジャンル:ライフ