富野由悠季「“萌え”だけじゃなくて、“萌え”から先の内容も作れよ」
富野由悠季「“萌え”だけじゃなくて、“萌え”から先の内容も作れよ」



実際、現在のアニメはマジメにつくりすぎていると思えるものが多いです。例えば、「ご主人様~」と迎えてくれるメイドが登場するアニメがあるとします。本当にメイドがいたら楽しいはずなのに、多くの作品がメイドを出したことで安心しきっているのが現状でしょう。

「萌え」があったら、その先はどうなるのか?
人として成長するのがダメになるのかが描かれていない。たとえダメになるとしても、
そこで堕落を究極的に描けるのなら、それは作品として成立するはずです。

バニーガールな網タイツキャラがいたとしても、そんなキャラは40年前にすでに
登場しています。そのキャラを物語のなかでどう特化させるかという部分に視点が
いかないのは作り手として悲しいですよね。


加えて無理に「萌え」にする作品も増えた。
黒の契約者 流星の双子とか・・・(´・ω・`)ショボーン


 【予約受付中】【1/20発売】けいおん! 全7巻セット [DVD]【送料無料】

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック