JAL現役スッチーがブチ切れ「年収は500万円程度」「スーツケースは中国製」「ホテルはボロ宿」…「OBが責任を取れと言いたい」
JAL現役スッチーがブチ切れ「年収は500万円程度」「スーツケースは中国製」「ホテルはボロ宿」…「OBが責任を取れと言いたい」

「JALに乗ってください。よろしくお願いします」――。札幌駅前で9日、JALのOBらがハッピ姿で通行人に声をかけ、チラシ配りに精を出した。

業績不振で苦境に立たされている現役社員のために一肌脱いだそうだが、企業年金問題では、いまだに多くのOBが反発している。

後輩を応援する先輩がいる一方、「現役が責任を取れ!」と息巻くOBもゾロゾロだ。これに現役スッチーたちが怒りの声をあげている。20代の国際線スッチーがこう不満をぶちまけた。

「『責任を取れ』と言いたいのは私たちの方です。OBは月25万円近い企業年金をもらって、
削減計画ではわずか3割カット。現役社員は5割カットですよ。給料だって月とスッポン。
OBスッチーは年収1000万円以上の高給取りでしたが、私たちは時給1300円の
契約社員を終え正社員になっても年収500万円程度。おまけに今冬はボーナスゼロ。
だいたいOBは定年退職後も飛行機にタダで乗れる制度がある。私たちがツケを払わされて
いるようなものです」


貧乏人から巻き上げた(税)金で、OBも現役もいい暮らししてんな。
その上ANAがあったら入りたいとは・・・( ゚д゚)ゴラァ!


沈まぬ太陽(1(アフリカ篇上))

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック