苦戦する吉野家、ついに「牛丼小盛り」を導入…価格は300円の予定
苦戦する吉野家、ついに「牛丼小盛り」を導入…価格は300円の予定

「吉野家」を運営する吉野家ホールディングスは16日、牛丼のご飯や肉の量を少なめにした「小盛り」を展開する方針を明らかにした。並盛りを食べきれない女性や子供の需要を掘り起こすのが狙い。昨年12月、牛丼チェーン各社が値下げを実施した一方、価格改定を見送った吉野家は顧客流失が続いており、“あの手この手”の施策で販売回復につなげたい考えだ。

小盛りは、通常の牛丼並盛りに比べボリュームを3分の2程度に抑え、価格は1杯当たり300円と、並盛りより80円安く提供する予定だ。2~3月に試験的に24店限定で販売したところ、女性客を中心に好評だった結果、本格展開の検討に入った。

“小盛り牛丼”で先行するのは、ゼンショーの運営する「すき家」で1990年代から開始。女性客向けの対応だったが、1杯当たり230円の手ごろな価格が受けて、サラリーマンの朝食需要を取り込み、「販売は堅調」(ゼンショー)という。「松屋」を運営する松屋フーズも少量を求める来店客のニーズに応え、昨年7月から小盛り(280円)の提供を始めた。

すき家と松屋が新規需要を掘り起こす中、並盛り、大盛り、特盛りの3タイプを販売してきた吉野家もミニサイズの設定が欠かせないと判断したもよう。販売不振が深刻化する中、吉野家としては反転の糸口を見いだしたい狙いもある。


いや、吉野家は高級牛丼店だからね(^ω^;)

【吉野家 牛丼6袋・豚丼3袋・牛焼肉丼3袋】3種セットでとってもお買い得!吉野家 丼の具3種セ...

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
苦戦する吉野家、ついに「牛丼小盛り」を導入…価格は300円の予定「吉野家」を運営する吉野家ホールディングスは16日、牛丼のご飯や肉の量を少なめにした「小盛り」を展開する方針を明らかにした。並盛りを食べきれない女性や子供の需要を掘り起こすのが狙い。昨年12...
2010/03/17(Wed) 11:44:17 |  裏荻窪楽天支店アフェリエイトブログ(アフィリエイト-シルバーア...