デヴィ夫人「普天間基地を移転する必要はない。周辺の住民が引っ越せばいいだけ」
デヴィ夫人「普天間基地を移転する必要はない。周辺の住民が引っ越せばいいだけ」

普天間の基地ができた頃には、 基地の周りには、 人も今のように住んでなく、 学校もなかったと聞いています。基地を移転するのに、 ミニマム8兆円のお金がかかり、 移転先の候補にあげられた市長たちや 「住民」 は反対を絶叫しています。

移転先の 美しい海や自然を破壊から守り、 住民に怒りや悲しみを
もたらすより、 もう普天間にはすでに基地があるのですから、 更に又
何兆円もかけて移転するより、 そのままにして、 普天間の周りの 危険に
さらされたり 騒音に悩まされたりしている住民たち、 この方たちが 転居する
というアイデアはいかがでしょうか。

素敵な都市造りできる場所を探し、 病院も学校も銀行も公園もスーパー等
全て完備し、 皆さんの住居も 各自所有の大きさに合わせ、 国家が提供し、
 新しい夢の都市を造る方が 数千億の出費ですむのではないでしょうか。
そうすることで、 沖縄に人口の新しい都市ができることは 素晴らしいことだと
思います。
皆さんは どう思われますか?


そりゃ、そうだな(^ω^;)

沖縄基地問題の歴史


テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック