ホリエモンのタレント議員擁護は論理のすり替えでしかない
ホリエモンのタレント議員擁護は論理のすり替えでしかない


ホリエモンが自身のブログ上で民主党から出馬する谷亮子選手の議員と選手の兼業批判を「悪しき日本人気質」とした上で、高橋尚子さんへの称賛を「「さすがQちゃん!」なんて言っているやつらがいること自体が終わっているとしか思えない。」と批判している。

だが、これは論点のすり替えとしか言えない。
谷亮子への批判は確かに兼業への批判もあるが、高橋尚子さんへの称賛は、「政治の勉強をした人が国民の代表になるべき」と出馬要請を断ったことが大きい。
実際何度も谷亮子の出馬会見を見たが、「小沢先生」を連発し「地球を大きな愛で包みたい」とする谷亮子には、お世辞にも政治の勉強をしたとは思えない。
どちらかと言えば「小沢真理教」の広告塔としか感じなかった。

ホリエモンは時々、いやよくか(笑)。
「世間と真逆のことを言う俺様カッコイイ」的な発言が目立つが、今回の発言は的外れと言わざるを得ないだろう。

追記:
谷亮子が政策を持ってるか否か?については石原東京都知事もお怒りだそうです。
そうなんだよな。
谷亮子が有権者を納得させられるような、政策を持ってるのかどうか記者が小沢の顔色をうかがわないで、ガンガン突っ込めば良かったんだよ。


いや~、堀江さんはビジネスに関しては天才なんだけど、
世情に関しては時々「そこじゃない、そこじゃない」って
思うぐらいKYなんだよね。

この人、一度も就職したことないらしいから、
ずれているのはそれが原因なんだろうね(^ω^;)



徹底抗戦 堀江貴文(ホリエモン)【ポイント10倍】楽オク中古品

テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック