「若者は飲みニケーションが足りん!」 全職員に飲み代2000円支給…杜の都信金
「若者は飲みニケーションが足りん!」 全職員に飲み代2000円支給…杜の都信金

飲みニケーションで意欲燃やせ 「燃料代」支給 杜の都信金
杜の都信用金庫(仙台市)は今月、現場の士気を高めようと、「営業店を熱く燃やす燃料代」として、全30店舗に職員1人当たり2000円を一括支給した。同信金では初めての試みで、職場の懇親会などでの利用を求めている。来年3月まで毎月支給する。

燃料代は「飲み会を開いて職員同士のコミュニケーションを図り、モチベーションを高める」(中山智之理事長)のが狙い。若手職員が増える一方、職場の「飲みニケーション」が減っていることも背景にはある。

対象はパートや契約職員を含む営業店の全職員で、人数分を各店に支給する。
各店では「総決起大会」などと称して順次、飲み会が開かれているという。

杜の都信金は2010年3月期決算で、本業のもうけを示すコア業務純益が17億3500万円に達し、東北の信金でトップだった。 中期経営計画(09~11年度)では最終年度に19億円を見込んでおり、「燃料」の注入で現場に一層の奮起を促したい考えだ。
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/07/20100724t12013.htm


「立ち飲み屋に逝け」ということでいいのかな(´Д`)?


面と向かっては言えない22のホンネ

面と向かっては言えない22のホンネ

価格:1,260円(税込、送料別)




コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック