NISAで利益が出ている投資家が48%。ニーサトレーダー中々の活躍。
NISAを利用している個人投資家の、現時点の運用成績が判明した。48%がプラスで、マイナスは19%だった。損益不明は33%。

「NISA(ニーサ)」がスタートして半年。早くも投資枠拡大が検討されるなど、注目が集まっている。
菅官房長官は7月11日の記者会見で、株式の売却益などが年間100万円まで非課税になる制度「NISA」について、非課税枠を現在から倍増することを検討したいと述べた。経済再生を進める中で、個人が保有する金融資産を有効に活用することが重要であり、NISAに寄せられる期待が高まっている。
 
ただ、気になるのは、NISAを活用している個人投資家の成績だ。非課税枠が拡大されても、投資で利益が出ていなければ、大きな効果は期待できない。そんな中、野村アセットマネジメントは7月10日、「NISAに関する意識調査」の結果を発表した。調査は4万人を対象に6月3日から10日にかけて実施され、同様の調査は今回で6回目となる。


発表によると、すでにNISA口座で投資をした投資家に、投資実績額を聞いたところ、平均金額は66万円だった。また、NISA口座開設者と申請者に対し、5年間で投資したいと考えている合計金額を聞いたところ、平均金額は274万円だった。



そこで、気になる現時点の投資成果を聞いた。すると、「売却済みで利益が出ている」が11%、「未売却で、市場価格でみると利益が出ている」が37%で、あわせて48%の投資家がプラスだった。一方、「売却済みで損失が出ている」は3%、「未売却で、市場価格でみると損失が出ている」が16%で、あわせて19%の投資家がマイナスだった。「未売却で、利益・損失がわからない」は33%だった。

NISA口座利用者の現時点の運用成績は、おおむね良好なようだ。ただ、NISA口座で生じた損失は、他の口座との損益通算ができないほか、いったん売却すると、売却した分の投資枠が再利用できないなど、運用する上で気をつけなければならない点もある。好成績をあげるためには、こうした制度をよく理解することも重要と言えそうだ。
http://moneyzine.jp/article/detail/211483


朝株トレード手法~勝率88.3%の株取引~


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック